わからないことはプロに聞いてみよう!

信用取引の相談は金融機関にしていいの?


金融機関はとても身近な存在であり、自分が資産運用しようとしている現金を預けている場合もあるでしょう。そのため気軽に相談しやすい場所なのですが、資産運用に関する相談はしない方が良いといえます。
なぜなら金融機関で務めている人たちの賞与や表彰の決め方は、どれだけ金融機関に入る手数料を得ることが出来たかというポイントが評価化の対象となっている場合が多いのです。そのため相談してきた人に、手数料の高い商品をおすすめすれば、金融機関側に入るお金を作ることが出来るので、勧めた人は自分の賞与や表彰への、良い影響となります。つまり相談した人は金融機関側にとって、良い条件の商品ややり方を教わることになってしまうので避けた方が良いのです。

誰に相談したらいいの?


資産運用を専門としている独立ファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。独立ファイナンシャルプランナーは各金融機関などに所属することなく活躍しているため、賞与や昇給が相談の際に進める商品などで決まることはありません。そのため中立的な立場で、資産運用に関するアドバイスをしてくれます。
しかし独立しているファイナンシャルプランナーは、国家資格などの資格を所有していなくても出来るものなので、アドバイスが適切でない場合もあります。正確な情報を得るためには、信頼できる独立ファイナンシャルプランナーを見つけなければいけません。見つけ方としては、ファイナンシャルプランナーたちが無料セミナーなどを開催している傾向があるため、一度参加しどんな方法で資産運用しているのか、知識が豊富で信頼できるかなどを見極めてから個人的な相談をしてみると良いでしょう。

株の信用取引は、現物取引では不可能なトレードテクニックを使えることが魅力です。たとえば現物買いと信用売りを同時に行うことで、最低限のリスクで株主優待権利を取得できます。